建築確認・検査手続き 
建築物工作物を建てるときは確認申請提出します。
ここで建築基準や条例等が守られているものかを確認します。
建築主は工事着手前に建築主事や指定確認検査機関に対し
確認申請(申請書や図面の提出)をし
建築主事指定確認
検査機関
はそれが建築基準等に基づき安全性をチェックします。

設計者と施工者が同じ者となる場合があります。
          

     
・確認申請提出 ・建築確認 ・工事開始 ・中間検査
・完了検査
・住宅の使用開始    
                       
確認申請が必要なもの
 a.3階以上、延べ面積500m2以上、高さ13m以上、軒高9M以上のいずれかに当てはまる木造建築物の建築
 b.木造以外の建築物で2階以上、延べ面積200m2以上のいずれかに当てはまる建築物の建築
 c.延べ面積100m2以上の特殊建築物の建築
 d.建築設備(エスカレータ、エレベータ)の設置
 e.工作物の築造
 f.都市計画区域内及び知事指定区域内の建築物の建築
 g,上のa.b.c.に該当する建築物は大規模の修繕大規模の模様替えでも確認申請は必要です。
 h.上のa.b.c.に該当する建築物において用途変更する場合で確認申請が必要な場合があります。
 i.防火地域、準防火地域以外において増築、改築、移転する場合、その部分の面積が10m2以内の場合は
  確認申請が不要です。
   
                       

戻る   次へ