採光・換気について

居室は人が継続的に使用する部屋ですので採光換気その他環境衛生についての決まりがあります。
先ず、採光について
住宅では
採光に有効な部分の面積/居室の床面積

1/7
以上でなければなりません。
 S/A≧1/7
ここで採光に有効な面積(以下窓面積)を計算しますが、窓(通常の壁についた窓)と天窓とは別に計算します。
窓の採光面積
窓の開口面積×採光補正係数
を各居室の採光面積とします。
採光補正係数は地域・区域により計算の方法が異なっていて下表のようになっています。
地域・区域 採光補正係数
計算式
但し
道路面の開口部で採光補正係数<1 ・・・・・・・・・・・1
住居系地域 6D/H-1.4 道路面にない開口部でD≧7、採光補正係数<1・・・1
道路面にない開口部でD<7、採光補正係数<0・・・0
工業系地域 8D/H-1 道路面にない開口部でD≧5、採光補正係数<1・・・1
道路面にない開口部でD<5、採光補正係数<0・・・0
商業系地域 10D/H-1 道路面にない開口部でD≧4、採光補正係数<1・・・1
道路面にない開口部でD<4、採光補正係数<0・・・0
居室の開口部の外側に縁側(ぬれ縁を除く)がある場合は上で計算した採光面積に0.7を
掛けた数値となります。

D:軒から隣地境界線までの距離
H:軒高さから各開口部中心まで
  の距離
 
天窓の採光面積
窓の開口面積×採光補正係数
ですが採光補正係数の計算の方法は
L/H  ・・・・・・・・・
L’/(H’+H)・・・・
,のうち小さい方を使い採光補正係数を導きます。仮に住居系地域でが小さいとすると
(6×L/H−1.4)×3
となります。
(但し3を超える場合は3となります)

L:天窓の計(四角の場合は短い辺の長さ)
H:天窓ガラス面から天井面までの距離
L':計算する該当の建物軒から隣地境界線までの距離
H':建物の最高部から天窓までの距離
 
居室,便所には換気が必要となっています。
居室の換気は換気に有効な開口部の面積が床面積の1/20以上必要ですが、1/20未満の場合は換気設備を
取り付けなければなりません。
火を使う部屋にも換気設備を取り付ける必要があります。
便所については水洗便所で換気設備を設けたもの以外は外気に接する窓が必要となります。
戻る   次へ